シンクロを起こして願いを叶える

感情のコントロールと理想の自分 1

感情のコントロールと理想の自分 1

大人になったのに、なぜか感情のコントロールだけマスターできず、
『穏やかな自分のあり方』や、『理想的な状況をキープすることが難しい』
と悩んでいる人は、案外多いものです。

そんな大人の私たちは、感情のコントロールができない状態を、

『溺れてしまった』
『嵐がやってきたような』
『メラメラと炎が燃え盛る』
『無意識に別の人格が出てきた』
『気づいたらまたいつものようにやってしまった!』

などという感覚で表現します。

これらの表現に違いがあっても、
とても需要な取っ掛かりとなります。

それは、『心の世界』が心象を通して、あなたに語りかけているからです。

『優しい母親でありたい』と願っているのに、
『ついつい大声で怒鳴ってしまう』

『優しい女性でありたい』のに、
『ついつい嫌味なことをいって相手を負かすような
強い口調になってしまったり・・・』

両極端な思いの振り子の両方を行ったり来たり。

自分では止められず、最後に静けさが、後悔と自己嫌悪とともにやってくる。

このような経験は多かれ少なかれ誰にでもあることです。

これらのスイングの中で、
共通している『問題』は、
『どうしていいか、わからない』
『適切な方法とまだ出遇えていない』ことです。

『答えを出す方法』を知らないので、あなたは、同じパターンを繰り返してしまうだけなのです。

あなたを怒鳴らせている『きっかけ』
嫌味を言わせる『きっかけ』
そして、最終的に『自己嫌悪』と『後悔』という
ところへ連れて行かれてしまう。パターン。

では、『答えを出す方法』とはどのように見つけられるのでしょうか?

それは、
これらのパターンを『心の世界』から見てみる方法です。

これから少しずつ、どのように『心の世界』がメッセージを伝えてくれて、
そのメッセージによって、問題が解決していくのかをここでお伝えしていきます。

心の世界と向き合うことの大切さと楽しさを知ると、
あなたの暮らしが自然と快適な方向へと変わっていくでしょう。

あなたがあなたの心の世界と再び繋がる応援させてください!!!

コメント


認証コード0932

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional