シンクロを起こして願いを叶える

魚座 新月の願い

魚座 新月の願い

今月の新月は魚座

あっという間に一ヶ月が過ぎました。

新月の願いをする時、私はまず、先月の祈りを読み返します。

どれだけ多くの願いが叶っていたか。。。

そして、そのほとんどを気づかずに
通り過ぎていたことに毎回驚きます。

なぜ、こんなことが起こるのでしょうか?

それは、願いが叶っている時、自分が計画した結果が
心地よい初夏の風のように、
穏やかに過ぎ去っていくからだと思います。

そして、願いがいつも自分が願っていた以上の形で
現れているからです。

まだ体験をしたことのない自分の願いであっても、
思考という狭い自分の知っているパターンから
作り出しているものです。

願いが無限の可能性に届くと
自分では気づいていない自分に相応しい
最高のものが贈られてきます。

そう思った以上のものが届くのです。

ですから、受け取りながらも、気付けないのです。
そして、あまりにも自然なので驚かないでいいのです。

後から振り返って、わ〜あんな絶妙なタイミングで!!!
となるわけです。

Right Person
Right Place
Right Timing

がドンピシャな感じを後から知るのです。

まさに点と点が線になる瞬間です。

なので、私は願いが叶ったことに感謝をまず伝えるために
前の月の願いの紙をちょっと見ちゃうのです。

で、今月は?とお申しますと、
もう書き終えてしまって、忘れました!

書いたらいったん忘れる!

執着を手放しちゃうのです!

こんな感じで全てお任せなので、
やはり満月と次の新月の前にちょっと紙をみて
自分がどこへ向かおうと望んでいたのか?
を思い出すのです。

気づくちからをマスターすると、
あ!!うまくいってる!
見えない力が助けてくれている!
と気付けるのですが、
自分が願ったことが叶っていると気付けるのは、
少し時間が必要みたいです。

まだまだですかね?
それとも、こんなもんでいいのでしょうか?

私は、こんな感じでい〜んじゃないかな〜?
って思っています。

今のところ。

コメント


認証コード7590

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional